文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

「県産スギ材の新たな利用技術の開発」−成果報告会を開催

月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
9月18日
(火)
県立農林水産技術総合センター
(森林林業技術センター)
0790-
@62-2118

A47-2408
所長 渡邊 大直
@木材利用部長 戸田政宏

A研究主幹(広報情報担当)
小林 尚司
県庁記者クラブ
西播磨県民局


 
 兵庫県では、資源循環型林業の構築にむけ、県産スギ材の利用拡大に取り組んでいます。
 木造住宅在来工法の(はり)(けた)に用いられる、いわゆる「横架材(おうかざい)」は、断面積や長さが大きく、住宅1棟あたりの木材使用量(材積)の約3分の1を占めます。しかし、従来から多くの工務店や建築士等は、横架材にマツ類を用いています。これは、スギ材が、マツ類と比較して柔らかく、「たわみにくさ」や「接合部の強度」といった面で信頼性が低いことが原因でした。
 そこで森林林業技術センターと但馬木造住宅振興協議会(※)は、共同で、これらの信頼性を高める研究を行い、簡単に木構造部材算定のできる「スパン表ソフト」と、梁接合部の強度に優れた新仕口「“Tajima TAPOS”(たじまテイポス)」を開発しました。
この成果について、下記のとおり、関係業界等を対象に、成果報告会を開催し、人工林資源の充実に伴う、スギ平角材の供給体制の構築を目指します。
 なお、新仕口「“Tajima TAPOS”(たじまテイポス)」については現在特許出願中です。

※但馬地域の木造住宅の振興を図るため、木材関係事業者、建築関係事業者等でつくる任意の団体





1.開催日時:平成24年9月24日(月) 13:30〜15:30


2.会  場:兵庫県立農林水産技術総合センター・森林林業技術センター 講堂
        (宍粟市山崎町五十波430 TEL:0790-62-2118)


3.対  象:木材関係事業者、建築関係事業者等


4.報告内容
   @「一般地・多雪地に対応したエクセル版スパン表ソフト」の開発
       但馬木造住宅振興協議会  
                  松本一級建築士事務所  一級建築士 松本 智啓


   A「高信頼性梁−梁仕口“Tajima TAPOS”」の開発
       兵庫県農林水産技術総合センター
                  森林林業技術センター  主任研究員 永井 智


5.主 催:◇兵庫県立農林水産技術総合センター 森林林業技術センター
       ◇但馬木造住宅振興協議会


【参考資料】 スギ横架材の高信頼性利用技術を開発 (PDF: 1.07MB)

トップページへ