文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

野菜増産プロジェクトの一環として「キャベツ栽培技術アップ実技研修会」を開催

月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
8月21日
(火)
県立農林水産技術総合センター
(農業技術センター農産園芸部)
0790-
@47-2423
A47-2408
所長 渡邊 大直
@研究主幹(野菜担当)
福嶋 昭
A主幹(広報情報担当)
小林 尚司
県政記者クラブ


 
 兵庫県は、「ひょうご農林水産ビジョン2020」の実現に向けて、重要施策である「ひょうご五国のめぐみ」の生産を増強することとし、都市近郊の立地条件を生かした野菜産地の育成を図っている。
 キャベツの生産振興に関しては、平成20年から県(行政・普及・研究)と全農兵庫県本部およびJA(農協)との連携により、増産に向けた体制構築、周年安定生産技術の確立や実需者との契約による価格安定等に取り組んでいる。

 この度、キャベツ生産振興の一環として、栽培指導者の技術アップのための実技研修会を下記のとおり実施する。研修ほ場は、県立農林水産技術総合センターとし農業後継者養成のための農業大学校の学生も実習、研究を行い、実践的および専門的な教育の場としても活用する。

1.行事名  平成24年度 キャベツ推進会議「キャベツ栽培技術アップ実技研修会」

2.日 時   8月24日(金) 10時00分〜16時30分

3.場 所   県立農林水産技術総合センター内 ほ場
         加西市別府町南ノ岡甲1533

4.目 的   キャベツ栽培ほ場の排水対策、うね立て、定植など機械作業を中心に技術上のポイントを実演、実習し今後の生産者
         指導に役立てる。

5.内 容   トラクターのアタッチメントによる各種作業と移植機による定植実技研修
         (1)排水対策:サブソイラーによる弾丸暗きょ施工
         (2)うね立て:うね立て成形機による定植用うね成形
         (3)定植:半自動移植機によるセル成型苗の定植
         (4)定植後の管理ポイントについての講義および情報交換

6.主 催   兵庫県、全農兵庫県本部

7.参集者   県下JA営農指導員、農業改良普及センター普及指導員、農業大学校学生、全農兵庫県本部、県庁農産園芸課、
         各農林(水産)振興事務所、農林水産技術総合センターの職員   約50名

トップページへ